【これで使いこなせる】bitwarden(ビットウォーデン)設定・使い方・カスタムフィールド

無料プランで一番おすすめしているパスワード管理ソフト bitwarden(ビットウォーデン)の

  • インストール方法
  • 設定方法
  • カスタムフィールドの使い方

を記事にしました。

目次

bitwardenとは

bitwarden(ビットウォーデン)について以前書いた記事or動画をご覧ください。

インストール

bitwardenには、

  • Web保管庫(Webページにアクセス)
  • Google Chrome拡張機能(ウェブブラウザで使用)
  • アプリケーション(PC、スマホ・タブレット)

と3つあります。

私は、PCで使うなら、Google Chrome拡張機能を使う頻度が多く

スマホで使うなら、アプリケーションが多い印象です。

Web保管庫

Web保管庫には、

  • PC
  • スマホ
  • タブレット

どの端末からでもウェブブラウザ(google chrome、firefoxなど)からログインして入ることができます。

bitwarden_web_storage_login

ログインには、

  • メールアドレス
  • マスターパスワード(bitwardenアプリを管理するpass)

が必要です(未登録の場合は、ここでアカウント作成)

ビットウォーデンウェブサイトログイン

スマホやタブレットでもブラウザ(safari、chrome、firefoxなど)から入ることができます。

Web保管庫では、

  • アカウント管理(アドレス、ID、マスターパス変更など)
  • データファイルのインポート、エクスポート
  • 有料プラン変更やお支払い設定

といった重要なことを行います。

ビットウォーデンweb保管庫 アドレス・マスターパスワード変更

「アプリ」や「ブラウザ拡張機能」ほど使用頻度は多くないですが、使うことはあります。

Google Chrome拡張機能

Google Chromeでウェブ閲覧するなら、bitwardenのGoogle Chrome拡張機能をインストールしておくと便利。

bitwarden google chrome拡張機能追加
bitwarden google chrome拡張機能追加

Google Chromeのメニューバーにピン留めしておくと更に便利

アプリケーション

インストールは、

  • bitwardenウェブサイトから(PCならどのOSも共通、Linux OSも)
  • Windows ⇒ Microsoft store
  • Mac、iPhone、iPad ⇒ app store
  • Android ⇒ Google Play

とどの方法でもできます。

bitwarden_アプリインストール
bitwarden 公式ウェブサイトからアプリケーションダウンロード
bitwarden_アプリインストール
Microsoft storeからビットウォーデンインストール
bitwarden_アプリインストール
iPhoneならビットウォーデンをapp storeからインストール

使い方・設定(Google Chrome拡張機能)

PCでは、Google Chrome拡張機能を多く使うことになるので、その方法を中心に書きました。

PCやスマホ(iPhone,iPad,Android)アプリケーションと操作方法が似てますので、応用で試してください。

ログインID・Passwordの登録

Google Chrome拡張機能を開きログインする。

bitwarden google chrome拡張機能にログイン

ログインIDとPasswordを登録したいウェブサイトのログイン画面を開き、bitwarden拡張機能を起動

アプリの「タブ」の「ログイン情報を追加」を選択

bitwarden

すると、開いているウェブサイトのURLが自動保存される。(URLは手動で編集可能)

次回からこのサイトのログイン画面にきたら、bitwardenの「タブ」に保存データが候補として出てくる仕組み。

bitwarden url自動保存
  • タイプ…該当するものを選ぶ。ログイン情報なら「ログイン」
  • 名前…あとで書庫から文字検索がし易く、判断できるように入力すると良い
  • ユーザー名…ログインID
  • パスワード…パスワード

設定データを保存したら、ログイン画面で

  • Windows…Ctr + Shift + L
  • Mac … Command + Shift + L

を押すことで入力が発動し無事完了(入力キーは、設定で変更可能)。

bitwarden Windowsの入力はCtr + Shift + L、Mac は Command + Shift + L

生体認証(顔・指紋)に対応したデバイスをお使いなら、この発動キーの代わりに設定できる。

キーボードショートカットを変えたいなら、「設定」⇒「自動入力」⇒「キーボードショートカットの変更」から可能

bitwarden Ctr + Shift + L ショートカット変更
bitwardenキーボードショートカット変更
bitwardenキーボードショートカットのカスタマイズ一覧

なお、登録したログイン情報を「タブ」に候補として出す為の、URL一致判別方法の選択は、

「設定」⇒「自動入力」⇒「デフォルトのURL一致検出方法」から好みのタイプを選択できる。

bitwarden url一致判別検出の設定変更
URL一致判別方法の選択

ちなみに、私は「ベースドメイン」に設定している。(ex. https://◯◯◯◯◯◯◯.com/)この部分で記録情報を検出

保管庫

保管庫を開くとこんな感じ

bitwarden保管庫

フォルダを作って分けておいても良いですが、

保存データの名前を「保管庫を検索」ですぐ探し出せるので、好みの方法で。

Send

文字やデータを暗号化し、安全に相手に送る機能です。

  • パスワード
  • 人に知られたくない文書
  • 写真やファイル(プレミアム会員のみ)
bitwarden Send機能で秘密の文字・データを送付

無料プランでは、テキストのみが送付できる。(ファイル送信はプレミアム会員のみ)

bitwarden Send機能で秘密の文字・データを送付

受けてが中身を開くためのパスワード設定、アクセス数制限なども出来る

bitwarden Send機能で秘密の文字・データを送付

送ったものを受けとったと仮定して、URLを開くと、

bitwarden Send機能で秘密の文字・データを送付

開くことができました。

bitwarden Send機能で秘密の文字・データを送付

セキュリティについて詳しく知りたいのであれば

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者試験
  • 情報セキュリティマネジメント

などの試験をのぞいてみるのがオススメ

ID・パスワード生成

bitwardenでは、ランダムなID・パスワードを自動生成できる機能もあります。

bitwardenビットウォーデン_ID_パスワード自動生成
  • パスワード、IDの長さ
  • 大文字・小文字、英数字記号を含む設定
  • 「◯◯◯◯+◯◯@………」などのプラス付きメールアドレスID
bitwardenビットウォーデン_ID_パスワード自動生成

生成したID・passwordは、テキストコピーして使えます。

bitwardenビットウォーデン_ID_パスワード自動生成

iPhoneのbitwardenアプリのID・パスワード生成画面と操作方法もPCブラウザ拡張と似ている。

bitwardenビットウォーデン_ID_パスワード自動生成
iPhoneのID・パスワード自動生成の画面

自動入力

bitwardenビットウォーデン_ID_パスワード自動入力

入力開始の起動設定

3通り存在

  • オフ
  • 入力したい欄を選択しているとき(on focus)
  • 自動入力アイコンを選択しているとき
bitwardenビットウォーデン_ID_パスワード自動入力

私は、さきほど説明した「Ctr + Shift + L」のショートカットで入力が慣れているので、オフにしています。

完全自動入力

ウェブサイトのログインページを開いた瞬間に自動入力させる設定です。

「ページ読み込み時の自動入力を有効化」をチェック

bitwardenビットウォーデン_ID_パスワードを完全に自動入力
bitwardenビットウォーデンIDパスワードを完全自動入力

「ページ読み込み時に自動入力する」を選択し、設定を保存

bitwardenビットウォーデン_ID_パスワード完全自動入力
bitwardenビットウォーデンIDパスワードを完全自動入力

もう一度ログインページを開くと、ページが開いた瞬間にID・パスワードが自動入力されました。

bitwardenビットウォーデン_ID_パスワード完全自動入力

私は、安全面から完全自動入力をオフにしています。(開くタイミングが、人が見ている時になると困るので)

iPhoneの自動入力設定

bitwardenアプリを取得したら、

「設定」 ⇒ 「パスワード」 ⇒ 「パスワードオプション」

iPhoneアイフォン bitwardenビットウォーデン自動入力設定
  • パスワードとパスキーを自動入力をチェック
  • Bitwardenをチェック
iPhoneアイフォン bitwardenビットウォーデン自動入力設定
iPhoneアイフォン bitwardenビットウォーデン自動入力設定

フォルダ分け

「ログイン」「ID」などのように登録情報のカテゴリー分けをフォルダを作ってまとめられます。

bitwardenフォルダ分け
bitwardenフォルダ分け

同期

全てのbitwardenアプリで登録したログイン情報(保管庫)の同期を行います。

bitwarden保管庫同期

基本的に30分おきに保管庫が同期される仕組みとなっていますが、

  • 30分おきに自動同期
  • ログイン時、ログアウト時
  • 手動で同期(リアルタイム)

と3つの同期システムとなってます。

すぐに他のデバイス(例えばiPhone)で使いたい時は、手動(リアルタイム)で同期

bitwarden保管庫手動同期
bitwarden保管庫を手動で同期(リアルタイム)

PCのbitwardenアプリでログインすると、この時も同期がなされます。(ログアウト時にも)

bitwardenログイン起動時に保管庫同期

除外するドメイン

bitwardenでの入力を起動させないドメイン(自動入力させたくないサイト)を登録しておけます。

bitwarden除外させたいドメイン_起動させたくないページ設定

セキュリティ

保管庫のタイムアウト

保管庫のタイムアウトのタイミングはこちらで好みのものを選択

保管庫のタイムアウト

ロック解除のアクション

  • PINコード入力
  • 生体認証
  • 2段階認証
bitwardenビットワーデン_ロック解除のアクション

2段階認証は、任意のデバイスに解除認証通知が届き、認証によりロック解除できます。

bitwardenビットワーデン_ロック解除のアクション

認証デバイスを紛失・故障などで失った場合でも、あらかじめリカバリーコードを取得しておくことで対策できます。

リカバリーコードはWeb保管庫から取得

bitwardenビットワーデン_リカバリーコードがあればログインできる_2段階認証の解除ができない時のために

リカバリーコードがあれば、2段階認証できなくてもログインが可能

保管庫のインポート・エクスポート

インポート

違うパスワード管理ソフトなどからログイン情報のデータをインポートします。

bitwardenビットワーデン_インポート_エクスポート_他のパスワード管理ソフトと互換性あり

インポートできる形式は、json、csvをはじめ数十種類以上のソフトと互換性があります。

  • KeePass
  • 1Password
  • LastPass
  • Chrome
  • Firefox
  • True Key

など有名なパスワード管理ソフトと互換性あり。

bitwardenビットワーデン_インポート_エクスポート_他のパスワード管理ソフトと互換性あり

エクスポート

bitwardenビットワーデン_インポート_エクスポート_他のパスワード管理ソフトと互換性あり

エクスポートできるデータ形式は、

  • csv
  • json
  • json(Encrypted)

とあり、他のパスワード管理ソフトにデータごと移行したい時はこのファイル形式に対応しているかを要チェック。

bitwardenビットワーデン_インポート_エクスポート_他のパスワード管理ソフトと互換性あり

Web保管庫を開く

設定 ⇒ Bitwardenウェブ保管庫 からWeb保管庫に飛べます。

bitwardenビットワーデン_Web保管庫を開く
Web保管庫を開く

カスタムフィールド

カスタムフィールドとは、自分で入力規則を作成できる機能で、使いこなすとかなり便利になります♪

カスタムフィールドには、主に4つあります。

  • テキスト
  • 非表示
  • 真偽値
  • リンク済
bitwarden カスタムフィールド
bitwarden カスタムフィールド

入力欄のIDの取得方法

カスタムフィールドを使うにあたって、入力したい項目欄の取得IDの取得方法を覚えておいてください。

これから下で説明する4つにはID取得が必要です。

取得方法は、

  • bitwarden取得機能
  • Googleデベロパーツールを用いて検証

の2通りがあります。

bitwarden取得機能

入力したい項目欄の上にカーソルを合わせ、「右クリック」 ⇒ 「bitwarden」 ⇒ 「カスタムフィールドのコピー」

bitwardenカスタムフィールド ID取得 デベロッパーツール html
bitwarden ID取得
bitwardenカスタムフィールド ID取得 デベロッパーツール html
bitwarden ID取得

これで入力したい項目のIDが取得できました。

試しにメモ帳に貼り付けるとこうなります。

bitwarden ID取得

デベロッパーツール

ログインページで「右クリック」⇒「検証」

bitwardenカスタムフィールド ID取得 デベロッパーツール html

検証でこのような画面になったら、ツールの左上の☑をクリックし、入力項目へカーソルを合わせクリック

bitwardenカスタムフィールド ID取得 デベロッパーツール html

すると、該当するHTMLの文字列にマークが入ります。

この「id=IdTenNo」の「IdTenNo」の部分が必要なIDとなります。これをコピーしてください。

少しやりずらいですが、文字をダブルクリックでマークしてコピー

メモ帳にペーストしてみると、無事文字のコピーが完了できてます。

bitwarden ID取得

テキスト

ログインID、Password以外の項目を独自に設定する機能

銀行のログインページを利用してみましょう。

よくある

  • 店番号
  • 口座番号
  • ログインパスワード

の入力で進める構造になってますね。

それぞれの入力項目のIDを先ほどのID取得をした状態で説明を進めます。

このページでbitwarden拡張機能でログイン情報を登録したら、

bitwarden拡張機能の登録情報の編集を下にスクロールし、「カスタムフィールド」⇒「テキスト」を選択し追加

bitwardenカスタムフィールド_テキスト

追加したテキストに「名前」と「値」と入力欄がありますが、

  • 「名前」…取得したID
  • 「値」…入力したい文字or数字
bitwardenカスタムフィールド_テキスト

入力できたら保存

bitwardenカスタムフィールド_テキスト

ログイン画面で入力起動をしてみると(私はCtr + Shift + L)

テキストで登録した「店番号」が入力できました。

これと同じ処理を「口座番号」「ログインパスワード」でもすれば、3項目とも完成です。(テキストを増やす)

非表示

•Bitwardenアプリ内で非表示(↑のテキストと類似)

「新規カスタムフィールド」⇒「非表示」を選択し追加

bitwardenカスタムフィールド_非表示_hidden
bitwardenカスタムフィールド_非表示_hidden

「名前」と「文字」を入力すると、「文字」がアプリ内で非表示になります。

個人でならあまり使わないと思いますが、大勢のチームで使うなら利用することがあるかもしれません。

この「非表示」に関しては、私も使い道を思いつきません。

真偽値

「ログイン状態を保持」のチェックon・offをする為の機能、と私は捉えてます。

よく見かけるログイン画面の「ログイン状態を保持」の文字の上で右クリック

bitwardenカスタムフィールド_真偽値

「bitwarden」⇒「カスタムフィールドをコピー」

bitwardenカスタムフィールド_真偽値

これで、IDが取得できます。試しにメモ帳にペーストしてみると、

ここでは「autologin」と出ました(サイトごとに確かめてくださいね)

bitwardenの編集で「カスタムフィールド」の「真偽値」を選択追加

bitwardenカスタムフィールド_真偽値

「名前」に取得したID「autologin」をペースト(貼付け)

チェック欄が出るので、チェックして保存

ログインページで入力を起動すると、

bitwardenカスタムフィールド_真偽値

「次回から自動的にログイン」にチェックが入って入力されます。

今度は、先ほど作った「真偽値」のチェックを消して保存

bitwardenカスタムフィールド_真偽値

ログインページで入力起動してみると、「次回から自動的にログイン」にチェックが外れる設定になります。

bitwardenカスタムフィールド_真偽値

※真偽値のチェックon/offは、サイトによって逆の処理が働くこともあるので(ログインページの作り方によって)試してからお使いください。

リンク済

登録したID、Passwordを同サイト内の違う入力項目へリンクさせ入力します。

IDかPasswordを入力したい項目のIDを先ほどのID取得をした状態で

bitwardenカスタムフィールド_リンク済_linked

取得したIDを「名前」にペーストし、「ID」or「パスワード」でリンク入力させたい方を選択。

bitwardenカスタムフィールド_リンク済_linked

すると、事前に登録したログインIDかパスワードを、任意の入力欄へリンクさせて入力することができます。

登録済のID or Passが入力されない時に入力項目へリンクしたり、別ページでもう一度ID or pass入力を求められた時などに活躍します。

まとめ

細かな設定、やり方は他にもありますが、bitwardenの主な設定・カスタムフィールド等の使い方は網羅してます。

カスタムフィールドについては、

  • テキスト
  • 真偽値

の2つが使えればログインに関してかなり広く応用できるはずです。

以上となりますが、

  • ご質問
  • 「他にもこんな使い方がある」

がありましたらコメント・メッセージで気軽に致してください。

ご感想も大歓迎です♪

読んでいただき、ありがとうございます。

これからも、How to、便利な使い方の記事を更新していきます~!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代フリーランス

サーフィンとヨガと投資をしつつ、楽しく生きています。
ブログで私自身の学んだことやお得なハックを書いていこうと思います。

コメント

コメントする

目次